レーシック後、目の痛みのせいで鬱に

■年齢、性別
40代 女性

 

■手術を受けた年代
2016年夏頃

 

■術式
イントラレーシック(機械を使ってレーザによりフラップを作成するタイプのレーシックで、クリニックによって名前が違います)

 

■手術を受けた動機
レーシック手術に興味を持ち、インターネットで情報を集めていた。周りの10人ほどの友人がレーシックに皆成功していたので大丈夫だろうと思い受けてしまいました。

被害者のブログも読んでいましたが、事故が有ったのは昔のことで、今は大丈夫だろうと感じたのです。 

 

■適応検査を受けたクリニック
Sクリニック、Kクリニック
Kクリニックで手術を受けました。

 

■Sクリニックで適応検査を受けた感想
2016年に適応検査のため、大手のSクリニックを受診しました。
Sクリニックでは、ホームページに有った32万円のプランを希望し、友人の紹介も有って27万円くらいになるだろうと考えていました

適応検査には2時間ほどかかり、その後ドクター診察前のカウンセリングになりました。
私はレーシックの後遺症が恐ろしかったことも有り、カウンセラーから自分の角膜の厚さや屈折度数などを詳しく質問しました。

しかしデータに関して詳しく聞けたのは、あくまで私が質問したからであり、質問しなければ教えてもらえない印象でした。事実、Sクリニックでは適応検査ではデータを教えてもらえないのです。ですから私はカウンセリングの時にそれを聞いたのです。

その後の診察では、M眼科専門医が65万円という金額を提示してきました。
65万円なんて、HPにも記載されていない価格だし、考えていた32万円プランの予算とかけ離れていると伝えると、

「じゃあ、いくらまで出せるの?」

と聞いてきます。
戸惑いつつ、40万円ほどだと答えると、
「じゃあ、AとLの角膜強化法を合わせて37万円でどう?」
と提示されました。

「金儲け」という感じがして、あまり良い印象を持てなかったので、手術の予約をせずにSクリニックを後にしました。

Sクリニックでは、電話で検査予約しようとすると、手術日まで同時に確定しようとしてきます。

それと、Sクリニックでは、私の年齢が40歳を超えていて、調節力が衰えてくる年齢だったため、「この年齢でレーシックを受けても大丈夫でしょうか」と質問しました。
すると「45歳まではOK」と回答されました。

 

■Kクリニックでの対応
次に訪れたKクリニックにはカウンセラーが3人いて、M氏という女性のカウンセラーが私の対応しました。M氏はクリニックの宣伝動画にも出演しています。

説明と言っても、カウンセラーであるM氏からのリスクの説明はなく、アイパッドの動画を見せられ「何か質問ありますか?」という感じで説明は進んでいきます。

年齢や、過矯正のことが不安だったので、ここでも質問しましたが、M氏から
「41歳なら低矯正はお勧めできません」
と回答されました。
そして
「現在の眼鏡やコンタクトの矯正視力(私の場合はメガネやコンタクトでは1.2で矯正していました)以上になっても正視を目指してレーシック手術をしますので、たとえ1.5になってもすぐに慣れます」
「万が一過矯正になっても再手術は無料」
と説明されました。

術前の診察は、SクリニックのようにHPの価格とかけ離れた高いプランを勧められることはありませんでしたが、非常に短時間で終了しました。
診察では、HPに掲載されている「Pレーシック」という35-38万円のプランを提示され、2枚の同意書を渡されました。

 

■現在の症状
右目が握られているように痛むようになりました。
特にレーシックを受けた後の数ヶ月はひどく、目の痛みのせいでうつ病のようになり、心療内科を回ることになりました。

現在でもメイラックスなど抗不安剤を数種類服用しています。
幸いなことに数ヶ月して痛みは少し収まってきていますが、それでも眼精疲労などが有ります。

 

■不具合を訴えた時の病院の対応
ハロやグレア、目の痛みに関しては、度々受診して症状を訴えてきました。
それに対するKクリニックの返答を引用します。

「もっと気軽に考えたらどう?」
「旅行でも行ったら」 
「見えてるんだからいいじゃない」 

何度も何度も痛みや目の疲れのことを訴えたのに、検査は視力検査(調節麻痺薬なし)とトポグラフィーのみでした。

問題は解決しないと感じ、調節に詳しい眼科で、調節緊張を計測したところ、右目が過矯正と診断され、遠近両用メガネを処方されました。

 

■現在の状況
メガネとコンタクトで治療を続けているものの、眼精疲労がひどい状態です。
光の見え方もおかしいです。

私は昔から瞳孔径が大きく、ハードコンタクトでもハログレアが出るくらいでした。要するに、光の見え方がおかしくなることは、検査の段階でわかっていたのです。 
しかし術前にそのことに対する説明は一切ありませんでした。 

 

■手術を受け、後遺症を発症した後の執刀医との会話
手術をしてから目の痛みや激しい眼精疲労を覚えるようになり、鬱病と診断されるまでに至りました。
その後、Kクリニックで私のレーシック手術を行った医師と会話すると、以下のようなことを言われました。

自分 「自分はレーシックを受けて、目が痛くなって、うつ病と診断されるまでになったが、レーシックを受けてうつ病になった人は他にいるんですか?」
S眼科専門医「うつになった人は、いっぱい見てきたよ。受ける前からうつ病の人もいるし、受けた後からうつになった人もいる」 

この言葉にとてもびっくりしたので、私は以下のように言いました。

自分「それでは、パンフレットに、レーシックでは最悪の場合うつ病のような状態になることも書いては?」
S眼科専門医 「そんなこと書いたらお客さん来なくなっちゃうよ。最近お客さん減ってるんだよね。眼精疲労外来でもやろうかな」 
自分「(怒って)先生、そんなことしたらもっと悪くなっちゃうんじゃないですか?」
S眼科専門医「........(苦笑)」

 

■これからレーシックを受けようか考えている方へ

ネットの広告などで、いかにも短時間で簡単に視力が回復するかのようにレーシック院は宣伝しています。
でも本当に1.5の視力は必要でしょうか? 
PC作業やスマホなど、近場の視力が求められる現代、遠くが見える代わりに近くを見る目の筋力が衰えてしまい、調整機能もおかしくなってしまう場合があります。 
人間には無駄なものなどひとつもない。
大事な角膜を削るなんてとんでもない手術だったと今になって実感しています。

実際に被害にあってからでは遅いのです。
施術したクリニックでも様子見と放り出され、ほかの眼科で診てもらおうにもレーシックを否定している眼科医は多く、どんなにつらい症状を訴えてもどうにもならないのが現状です。
後遺症になれば、頼れる医療機関もなく、いつ治るか分からない不安や恐怖をかかえることになるのです。 

もしこれからレーシックをしようと思われる方がいらしたら、よく考えてみてください。
無理やり角膜を削って視力を上げていいことがありますか。

数十年後のデータはない。いつか必ず弊害が出てきます。
世の中のほどんどの方は眼鏡かコンタクトです。
ずっと昔から眼鏡がなくなることはありません。
それが答えではないでしょうか。

眼鏡やコンタクトで視力が矯正できるのであれば、それで十分です。
しかもレーシックは自由診療なのです。保険がきかない、それはより危険なことを意味しています。

一度してしまったら二度と元には戻せない。
これ以上被害者が出ないよう祈るばかりです。
どうか早まらないでください。